LOGIN
  1. HOME
  2.  > 銀座コラム
  3.  > #002

column

銀座コラム

#002

銀座クラブのナイトワークで会話力をスキルアップ!

#002

銀座クラブのナイトワークで会話力をスキルアップ!

みなさんこんにちは。コラムニストの詩音です。
私のコラムでは、過去に10年間ほど夜の銀座でホステスの仕事に従事していた私の経験談をもとにリアルな銀座の夜のお仕事に関する情報を発信していきたいと思います。

今回は銀座の高級クラブで働く際に必要なスキルについて少しお話したいと思います。

さっそくですが、あなたが夜のお仕事に興味を持ったきっかけは何でしたか?

高収入だから?昔から夜の世界に興味があったから?それとも他にできそうな仕事がないから?人それぞれ、理由はさまざまだと思います。

でも銀座の高級クラブのホステスは、簡単にできる仕事ではありません。厳密に言えば、始めるのは簡単だけれど、続けるのが難しい仕事なのです。だけどその分、自分のスキルが上がる仕事でもあります。どうしてだか分かりますか?

それは、銀座の高級クラブのお仕事はスキルがなくては続けられないから。売れているホステスとは、何でもできるものすごい人種なのです。

わかりやすいエピソードをご紹介しましょう。

私が銀座でホステスをしていた頃、いつも着物で出勤しているふくよかな体型をした先輩ホステスでAさんという女性がいました。彼女は華やかな女性がひしめく高級クラブの中では、特別美人というわけではありませんでした。ところが係りになっているお客様はたくさんいる。正直、「なんで?」って思いました。

でも何度かAさんと同じ席について、すぐに理由がわかりました。

Aさんは会話がとても面白いのです。とにかく盛り上げる。彼女のお客様はいつも大笑いして笑顔で帰って行かれました。しかも、これだけではありません。

ただ盛り上げる、面白いだけではなく、彼女はどんな話題にもついていくのです。流行りのタレント、芸人、スポーツ、美味しい食べ物、贈り物の選び方、愚痴聞きから政治、経済までジャンルを問わず本当になんでも・・・。

Aさんがお客様の話題についていけない姿を、一度たりとも見たことがありませんでした。

ほとんどの高級クラブでは、毎日プロにヘアセットをしてもらってから出勤することが決められています。専用のセットサロンがあるのです。高い料金を払って遊びに来てくださるお客様には、完璧な姿で接しなくてはいけない。自分で簡単にセットしただけで出勤して、怒られて帰らされたホステスさんを何人も見てきました。

私は働き始めてすぐは、行きつけの美容院でセットをしてもらっていました。すると数日経った頃、マネージャーに呼び出されます。

マ 「君ね、きちんとセットしてくるのはいいんだけど、ホステスっぽくないんだよね。うちのママと同じサロンを紹介してあげるからそこに行くのはどう?」って。

そして翌日、紹介されたセットサロンへ行くと…。

ママを始めとして、Aさんも他のお店のホステスさんも、ほとんど全員が新聞を読んでいました。驚きました。だって私は、新聞なんてロクに読んだことがなかったから。

偶然隣の席になったママに、こっそり聞きました。私「新聞、毎日読むんですか?」ママ「そうよ」私「どうしてですか?」ママ「あなた最近入ったから分からないかもしれないけど、お客様の求める話題についていけないホステスに客なんかつかないわよ」

そう。ママのこの言葉が全てでした。

なぜなら「この子なら誰でも楽しませてくれるから、安心して接待で使える」

「この子とまた話したい」

これが、お客様がお店に通ってくれる主なきっかけになるからです。

ここではわかりやすく「新聞」と言いましたが、大事なのは時事ネタや経済ネタの引き出しを持つこと。このように話題の引き出しをもってお客様の会話についていこうと必死になることで、知らず知らずのうちに会話のスキルが上がります。

最後までAさんやママには敵わなかったけれど、私がここで培った会話スキルはプライベートでも、その後の仕事でも大いに役立っています。

会話上手は、人から好かれるそうです。最初から会話上手な必要はありません。

高収入だからというだけでなく、今後のスキルアップのためにも、銀座の夜のお仕事に挑戦してみてはいかがでしょうか?

RECOMMEND おすすめの求人

新着求人

人気のお店

おすすめ求人

TO TOP