LOGIN
  1. HOME
  2.  > ママ or 注目女性インタビュー
  3.  > #003

interview

銀座ママ or 注目女性インタビュー

#003

クラブボストン

archives

#003

クラブボストン

GINZA.CX第1回目のインタビューは、銀座8丁目にあるCLUB 光のオーナーママである藤堂光美ママにお話をお伺いしました。

銀座CX本日はお忙しい中お時間をいただきありがとうございます。早速ですが光美ママが最初に銀座のホステスとして働く動機は何だったんですか?

光美ママ私はもともと外資系航空会社の客室乗務員をしていて、ホステスをする気は全くなかったのですが、一流と呼ばれる銀座のホステスの気配りや目配りを学んでみたいと週に1~2度アルバイトをしたのがきっかけです。

銀座CX客室乗務員だったんですか。では、そんな華やかなお仕事からなぜ、ホステスのお仕事がメインに?

光美ママその頃、日本ベースの客室乗務員の賃金は本国の乗務員より高い場合が多く、日本人乗務員の賃金は低コスト化を目指す航空会社はネックとなっていたんです。そんなある日、翌年の3月を持って日本人客室乗務員は全員地上職に移すことになりましたと事実上の解雇を告げられたんです。

銀座CXそうだったのですね。それからどうされたのですか?

光美ママ当時勤めていたお店のママから「何かあったらいつでも相談してきなさい」と言っていただいたので、何かアドバイスでももらえないかと相談してみたんです。 そしたら、「あなたなら絶対に一流のホステスになれるから本気でウチで働いてみたら?」なんて言われ、客室乗務員を辞める決心をしたのです。

銀座CXそこから、ホステスの道へ・・・。

光美ママそうですね。とにかく楽しかったのと、ママからホステスとしての心得もそうですが、 女性としても本当に多くの事を教えていただきましたね。

銀座CXどのような事を教えていただいたのですか?

光美ママやはり一番印象に残っているのが、 「カジュアルからフォーマルまで、すべてが似合う女性になりなさい」という言葉ですね。 簡単に説明すると、女性として生まれたからには、デニムもドレスも着物もすべてを着こなせるようになりなさいということですね。 その他、礼儀作法からマナー、社会的常識、女性としてのたしなみや振舞い方など、とにかくありとあらゆるホステスとして、また女性として生きてく上で必要なものをすべて教えていただきました。

銀座CX素晴しいママと出会いだったのですね。

光美ママはい、私の人生のターニングポイントを与えてくれた最高の女性です。

RECOMMEND おすすめの求人

新着求人

人気のお店

おすすめ求人

TO TOP